公務・教育

  1. トップ
  2. 資格・スキル・学問から学校を探す
  3. 公務・教育

社会教育主事は、教育委員会の事務局等において、生涯学習、青少年教育、家庭教育といった社会教育を促進するため、地域の社会教育行政の企画・実施、社会教育を行う者に対する専門的・技術的な指導や助言を行います。また教員は短期大学など2年制のカリキュラムを受けて取得する2種免許、4年制大学のカリキュラムで取得する1種免許があります。最近では、認定こども園などの増加もあり、保育士の免許と幼稚園の免許を取得する人も増えています。

公務・教育

学びの特徴とこれからの展望

教育分野の場合、大学や短期大学、専門学校を卒業した人で、教職課程を受けていない人は科目等履修や編入学をしなければなりません。不足している科目を履修して、教員採用試験を受ける必要があります。ただ通信教育などの制度も多く、学びやすい分野と言えます。最近増えてきているのは、幼稚園教諭と保育士の資格を取得し、認定こども園などへ就職するパターン。ただ、教員免許は更新制度があるため、保育士として働いている場合は更新を忘れないようにしなければなりません。(現在、政府は更新制度の廃止を検討しています)

主な資格

生涯学習コーディネーター

教育

子どもから高齢者まで、継続した学びに対する支援を行うもの。様々な情報を基に、人々に学習を行う学校や団体を紹介したり、調整をします。

受験者数 非公開

保育士

教育

保育所、乳幼児託児所、児童養護施設などで活躍できます。近年では待機児童問題による人手不足から、地域限定保育士試験が広がっています。

受験者数68,388人中合格者13,500人 合格率19.7%[全科目免除者を除く]

小学校教諭

教育

専修・一種・二種の区分があります。専修は修士課程、一種は4年制大学、二種は短大・専門学校の教職課程を修得し、取得します。10年ごとの更新あり。

受験者数505人中採用予定者数302人 合格率59.8%[東京都・公立小学校の場合]

学校データページへ

その他の資格リストへ