東洋大学が行う、夜間講座への取り組み

  1. トップ
  2. 新着情報
  3. 東洋大学が行う、夜間講座への取り組み
文系社員にもDXの波

東洋大学は明治20(1887)年、「哲学(教育)の普及」を目指し。哲学者・井上円了によって創立されました。
井上円了は「余資なく、優暇なき者のために」という言葉を残しています。これは「経済的・時間的に余裕がない人にも教育を広める」という理念のもので、現在も6学部8学科に夜間部を設置。1学年の定員数は710人であり、これは全私立大学の夜間部の約26%を占めています。東洋大学には学費負担を減らすためのユニークな制度「『独立自活』支援推薦入試制度」があります。これは「学費の半額を返済不要の奨学金として支給し、残りの学費や生活費などを大学に勤務することで賄うもの」。定員は9学科それぞれひとりずつにあたります。この制度を利用し、留学をする学生もいるとのこと。学び方も多様化しています。

(AERAムックより引用)

写真はイメージです。

2022年5月24日