あなたは70歳まで働くことを想定していますか?

  1. トップ
  2. 新着情報
  3. あなたは70歳まで働くことを想定していますか?
あなたは70歳まで働くことを想定していますか?

2021年4月に「高年齢者雇用安定法」の改正によって65歳までの雇用確保義務に加え、70歳までの就業確保措置をとることが努力義務として追加された。企業もそれに従わざるを得ないが、役職定年などを行うことにより、人件費を抑えている。つまり、65-70歳までは収入が減少する傾向にある。それでも企業や社会と繋がらなければ、年金支給やこれまでの老後資金だけでは心もとない。そこで、企業や社会から必要とされるシニアとなる必要がある。

以下、必要なことをまとめている。

  • 新しいシステムやデバイスなどを研究し、若手に頼らない
  • 変なプライドを持たずに、かつこれまでの経験を活かし、新しい職場に順応
  • 時には成功体験・失敗体験への否定→環境や時代の変化への理解
  • 雇用形態や役割に対する柔軟性
  • 若者のメンターに徹する

2021年10月21日 日経新聞より